安全スローガンの作り方

bsGreen6_huropc20141123161454

意識付けを行う

安全スローガンは工場で働く人に対し、常に注意喚起を行うものです。
労働災害をはじめ、日々の健康を願うために掲げられています。
日本国内のほとんどの工場で取り入れられているものでもあるため、一度は見た事があるという方も少なくないでしょう。

安全スローガンは安全標語と合わせ、建設現場や工場などで活用されています。
どちらも危険と常に隣り合わせであるため、常に気をつけなければいけません。
自分の安全は自分で守るという意識を、標語を記載したポスターなどから植え付ける狙いがあります。

どんな内容が良いか

安全スローガンとしてベースとなるのが、語呂のよさというものです。
一度口にしたら頭に入るような内容で、インパクトのあるものが求められています。
そのためにも、あまり難しい言葉を使わないことも重要視されています。

安全やチェック、という言葉も忘れてはいけないフレーズの一つです。
仕事に集中しすぎず、身の危険にも気づかないという方も少なくありません。
当たり前のことでも、うっかりミスから大きな怪我にも繋がります。

またスローガンには、職場は一人ではない、という意味合いも込められています。
注意をし合える、確認し合える、という事を再認識すれば、よりリスクをゼロに近づけられると言えるでしょう。

ちょっとひねりを加えたものも

安全スローガンの中には、ちょっとひねりを加えたものも存在しています。
たとえば、流行語をもじったものなどが代表的なものです。
一度聞けば耳から離れないフレーズは、いつまでも活用されるものと言えるでしょう。

またブラックジョークを交えたものも中にはあります。
意識が薄れがちな部分に関して、少しきつい口調で記しているのが特徴です。
これも覚えやすいスローガンの特徴としても挙げられます。

書き方について

スローガンの書き方に関しても、特徴を抑えておく必要があります。
例えば歌詞などのように、韻を踏んだ言葉というのがポイントです。
口にした時に、頭よりも体で覚えられるため、働いている時も忘れずに済むでしょう。

また、命令口調の内容にすると、上司や朝礼などで言われたときに頭に入るというのが挙げられます。
スローガンには時に強い印象が必要とされます。
中身も重要ですが、まずは覚えてもらえるような言葉で作る事も忘れずにしましょう。