稼げる工業系資格一覧

bsOZP_puriyawonigirusagyou1188

クレーン運転士

工事現場などで必要不可欠なクレーン機。
これを操縦できる資格というのがクレーン運転士というものです。
正式名称は「クレーン・デリック運転士」と呼ばれています。

クレーンは、ビルや建物建設の場において、高い場所へと荷物を運ぶ際に使用されます。
人の力では到底成し遂げられないような重労働も、軽々と行えるのも特徴です。
ただし、操縦するためにはそれ相当の技術が必要となると言えます。

クレーン運転士を取得するためには、国家試験を受ける形となります。
ただし、学力などは問われず、18歳以上であれば誰でも取得が可能です。
試験の中では実技と学科の二種類が行われます。
その中でも、実技講習を修了していると、実技試験は免除される特権もあります。

フォークリフト運転技能講習

クレーン同様に、運転技術が必要となるのが、フォークリフトです。
こちらは倉庫や工場といった現場で使用される機会が多いのが特徴と言えます。
取得が比較的しやすい、という面から、契約社員や正社員の方が就職後に取得するケースが多いとされています。

フォークリフトの運転は、荷重によって運転できる資格が変わってきます。
主に最大荷重が1トン以下であれば、特別教育が終了すれば取得可能です。
逆に、荷重が1トン以上となる場合には、技能講習を修了させる必要があるので注意しましょう。

フォークリフトの資格は、決められた場所で受験をする必要がない、というのが特徴です。
それぞれ各都道府県に設置された、労働基準協会で行います。
一般的に、フォークリフト運転技能講習の修了後に行われる修了試験に合格する事が条件となります。

警備業務検定

年齢問わず、働ける現場というのが警備のお仕事です。
その中で必要となる資格が、警備業務というものです。
取得する方法は、各都道府県に設置された公安委員会による試験と、警備員特別講習事業センター実施の講習会の2種類です。
合格率は共に60パーセント程度と言われています。

警備業務の資格を持つと、警備保障会社で働く際に、時給や日給が上がるといったメリットがあります。
現場の管理者として指示を出すほか、報告書の作成といった仕事を行う流れです。
責任感と給料が伴われている資格、とも言えるでしょう。

警備のお仕事は日本全国数多くあります。
例えば、各コンサート・イベント会場での警備業務などです。
トラブル防止のために、日夜活躍しています。
その他にも、交通誘導や危険物の運搬警備などさまざまあります。

ボイラー技士

最後にご紹介するのが、ボイラー技士というものです。
ビルなどの建築物にあるボイラーについて、管理や安全点検を行います。
より高いレベルの資格を持つ事により、大規模で且つ技術の伴うボイラーの管理を任されるようになります。

ボイラー技士はクレーン運転士同様に、国家試験に受かる必要があります。
2級から順番に受けて行き、より技術を見につけた時には、1級や特級といった資格を得ます。

ボイラー技士は主に、ビルやホテル、病院といった現場で活躍されます。
そのほか、スーパー銭湯などでも、日々の安全性を確保するために必要不可欠だと言えるでしょう。