工業企業「本田技研工業」

ホンダといえば車?それだけじゃありません

本田技研工業、ホンダといえば、車やバイクなど、私たちに身近な商品を提供してくれていて、さらに世界にもホンダという名前はとどろいています。
ホンダはレースなどにも参戦していますし、ホンダのバイクは世界各国で利用され、エンジンなどにおいては信頼性の高さが秀でています。

しかし本田技研工業は例えばホンダロボティクス、テクノロジーなど、モーター業界以外でも多彩な能力を発揮しているのです。
本田技研工業の能力、その素晴らしさを知るには、様々な業界で活躍する本田技研工業の製品を探っていくべきでしょう。

ホンダロボティクスのASIMO、リズム歩行アシスト等の技術力

本田技研工業は車以外、勿論バイクも製造販売していますが、ASIMO「Advanced Step in Innovative Mobility、(新しい時代へ進化した革新的モビリティー)」として、人と生活できるという想定で、人型ロボットの研究を始めています。
その始まりとなったのがASIMOです。
ASIMOは今も進化し続けていて、新しくできることをどんどん増やしています。

自立型というだけではなく、新型ASIMOは周囲にいる人たちの動きに合わせて「自ら行動する」「判断する」という能力を備えています。
つまり、これまでのASIMOは自動機械だったのですが、今のASIMOは自律機械となっているのです。

ASIMOに求められた自律機械としての要素は、高次元姿勢バランス、とっさに足を出して姿勢を保つということ、外界認識、周囲の人の動きなどの変化を複数のセンサーで読み取り推定する能力、さらに自律行動生成、集めた情報から予測し自ら次の行動をどうすればいいのかを判断する能力です。
130cmという小さな体に、現在の本田技研工業の技術力がぎゅっと詰まっているのです。

歩行アシストという機能

障害をお持ちの方、また高齢になって自由に行動できなくなった方が、移動する喜びを得るために、ヒューマノイドロボット、人型のロボットASIMOに利用されている歩行理論をもとに、本田技研工業が開発しているのが、歩行アシストです。

Hondaの歩行アシストは倒立振り子モデルに基づいたもので、効率よく歩行をサポートするという「歩行訓練機器」です。
歩くときの股関節の動きを左右のモーター内にある角度センサーが検知、制御コンピューターがモーターを動かすのです。
これによって股関節の屈曲で下肢のふりだし誘導、伸展による下肢のけりだし誘導ができます。

シンプルな構造と扱いやすい機構を持っているHondaの歩行アシストは、歩行訓練を行うリハビリなどに適用できるよう、歩行時の左右対称性や歩行速度などの計測をスマホなどで確認できるという優れものです。
訓練モードや対称モード、ステップモードなどを利用して歩くということを訓練できる、歩行アシストはこれから先、さらに新しい進化へ結びついていくでしょう。