トヨタ産業技術記念館

toyota

大正時代の実際の工場

トヨタ産業技術記念館とは、車でお馴染みのトヨタグループの企業博物館です。
別名「トヨタテクノミュージアム」とも呼ばれ、モノづくりの面白さを体感できます。
駅から程近くにあり、地元の人は勿論のこと、週末は遠方から多くの来客者が集まっています。

トヨタ産業技術記念館の建物は、トヨタが大正時代に使った工場を使用されています。
その見た目から、これまでに積み重ねてきた歴史の重みを体感できると評判です。
産業遺産としての見方も強く、評価の高い博物館だと言われています。

何よりも利用のしやすさ、というのが大きなポイントです。
気軽に閲覧できるよう、入場料は大人で500円、中高生で300円、小学生で200円というお手軽な価格で設定されています。
とは言え、展示されている内容は評価も高く、年齢問わず楽しめるスポットだと言えます。

見どころ

トヨタ産業技術記念館の見どころは、ただ見るだけではないミュージアムという点です。
動体展示と言う事もあり、実際に稼動している様子も見学できます。
体験型の博物館というのも、この周辺では珍しいとされています。
旅行の口コミサイトでも、ランキング上位に食い込むほどです。

日本人だけではなく外国人からも評価が高いのも、トヨタ産業技術記念館の特徴です。
その理由が、実演や映像での閲覧など、サービス面の高さです。
博物館とは言え、観光・見学をされる人を一番に考えた内装になっています。

車以外の展示も

トヨタというと車のイメージが強いと言う方が多いでしょう。
しかし、この博物館では、車以外の展示も楽しめる事ができます。
その理由が、元々自動織機の販売を行っていたから。
現在でも稼動する様子も、博物館内では楽しむ事ができます。

また創業者である、豊田佐吉氏の歴史も見ることが出来ます。
今日までの波乱万丈な話を事細かに記されているため、起業家の方にもタメになる情報が多く展示されています。
歴史を偉ぶって紹介せず、ただ機械などが展示されていない、というのもこの博物館の特徴と言えるでしょう。