3Dプリンタ工場向けのサービス

3d

行う革命的サービス

今年8月にカブクがリリースした「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service」というサービスに、現在多くの注目が集まっています。
これは、3Dプリンタを扱う工場において、一元管理が行えるクラウドサービスとして提供しているものです。
システムに掛かる初期費用も安価で、大小どちらの工場でも利便性が高いとされています。

このシステムを導入する事により、3Dプリンタを用いる工程が全て一つの管理で行えます。
製造や顧客からはじまり、会計などにおいてもワンストップで可能です。
余計な作業が減る分、生産効率も自然と高まると言えるでしょう。

ある企業では、このサービスを導入したことにより、見積もりに使用した時間を90%以上削減できた、という実績もあります。
これも、データ管理により、事前に単価情報を自動で決める事ができるからこそです。
運用コストも削減できるため、まさに一石二鳥なサービスだと言えるでしょう。

料金について

このサービスの料金は3パターンあります。
一つは「スターター」と呼ばれるトライアル用で、料金はタダで利用可能です。
また、法人工場が使う場合には、1アカウントあたり3万円の「プロフェッショナル」が該当します。
比較的安価で利用できるのも、このサービスのメリットと言えるでしょう。

より広い範囲で使用目的を持つ企業では、「エンタープライズ」というサービスが便利です。
日本だけではなく、海外などに拠点を持つ工場などが対象となります。
こちらは1アカウントあたり10万円で利用が可能です。

なぜ注目されているのか

3Dプリンタは世間の間でも認知が広がっています。
そんな中、ものづくりの現場では、3Dプリンタを用いる向上も増えていると言えます。
今まで具現化することが不可能と言われていた事も、今では技術が無くとも実現が可能です。

3Dプリンタを使う工場というのは、さまざまな場所で増えつつあります。
こちらのサイトも参考になります。
これまでの工場とは異なり、若者も働きやすいクリーンなイメージのある工場が多いと言えるでしょう。
>>株式会社コイワイ 3Dプリンタによる超高速鋳物造り|かながわ若者応援企業採用情報

それ以外に行える内容

このサービスで行える、その他の内容としては、ラッピング機能や3Dデータの修正機能というのがあります。
人の目では見つからないような、細かなバグも自動的に検出させる事ができるのが特徴です。

また、各種書類の自動作成機能や製造管理機能なども充実しています。
一つ一つ手をかけるとなると膨大な時間がかかるものの、このサービスであれば何も問題がないでしょう
製造の場においては、これほど大きな利点もないと言えます。

その他にも、各種生産性や業務の効率化など、クラウドサービスならではの利点が多いのが特徴です。
何でも出来る、という点から、ある意味では、秘密道具のようなポジションを持ったサービスとも言えるでしょう。