ロボット自動化システムによる効率化

robot-441308_1920

産業用ロボット

技術の発展により、自動化システムは年々進化しています。
その中でも特に目覚しいのが、産業用ロボットというものです。
生産性を高める効果が見込めることから、どの分野においても導入が検討されています。

各工場の中には、生産ライン上を全て自動化させるシステムというのも使用されています。
細かな作業であっても、ロボットであればミスもほとんどないのがメリットの一つです。
そのため、基盤などの回路作成の場などでも役立っていると言えるでしょう。

進化するロボット自動化システムによるメリットは、何といっても人件費の削減です。
さまざまなものづくりを、ロボット管理者だけで行う事が出来ると言えます。
当然、生産ラインに関しても、無人化による大幅なコスト削減にも繋がるでしょう。

中国で発表されたシステム

中国で発表されたものとしては、2015年に中国の天津工場で導入された、ロボット自動化システムが有名です。
「NHC 6300」と呼ばれるこのマシンは、生産性と品質の高いものを、より安定して作成するために取り入れられました。

中国でも自動化システムが注目されている理由として、人件費の高さが関係しています。
より安く生産ラインを作るためには、ロボットの導入も必要不可欠です。
その他にも物流費の高騰というのも、工場を逼迫している原因にもなっています。

今回「NHC 6300」で注目されたのは、ロボット単体ではなくシステムソリューションという部分についてです。
より生産性を上げるためにも、全体的な自動化システムの導入が必要だと考えられています。
投資費用こそかさむものの、長い目で見ればメリットの多いことだと言えるでしょう。

日本で行われている自動化システム

日本で行われている自動化システムはさまざまです。
その一つが、インターネット予約システムというものになります。
これまでの電話による予約システムに変わるものとして、多くの現場で取り入れられています。
お時間がある方は、こちらのサイトもどうぞ。
>>自動化システム | 川崎重工

また、コールセンターに関するシステムというのも、インターネットの普及により浸透しています。
これはスマートフォンなど、通信販売を利用する人々が増えているからだとされています。
よりクレームの少なく、注文率を高めるポイントにもなると言えるでしょう。

そのほかにも金融関係のシステムが挙げられます。
大規模な内容でもあるため、運営する会社も限られているものの、需要は高いものだと言えるでしょう。
日本国内においては、日本自動化開発株式会社などが取り扱っています。

今後自動化が予想されるものとは

今後自動化が予想されるものとしては、生産の場ではなく個人で使用できるものたちです。
例えば洗濯や掃除といった場面でロボットが導入されているものの、料理までは行えないのが現状です。
しかし、3Dプリンタの登場により、夢物語ではなくなったとされています。

また、自動車の自動運転というのも現実味を帯びています。
まだ公道で走るまでには至っていないものの、今後は運転免許が無くとも自動車を利用できる場面が増えるかもしれません。